手作り豆乳ローションだから安心ではない

公開日: 

017

市販の化粧品には化学的な物質がたくさん入っているという理由で、使用を避ける人もいるでしょう。
最近は化粧品を手作りする人も増えました。
豆乳ローションも手作りレシピが話題になっていますが、注意してほしいことがいくつかあります。

手作りローションは腐敗しやすい!?

まず、市販のローションに比べると腐敗しやすいことが挙げられます
冷凍庫なら半年ほど保存もできますが、防腐剤が入っていないため雑菌が繁殖しやすく、腐りやすいです。
防腐剤も肌によくありませんが、腐ったものを肌につけるのもよくありません。
作るときにはできるだけ雑菌が入らないように衛生面に気をつけ、腐る前に使いきるようにしましょう。

また、多くの豆乳ローションのレシピにはアルコールが入っています。
アルコールは豆乳ローションを日持ちさせるために必要なものですが、肌質によっては刺激を感じ、赤くなってしまいます。
大豆に対するアレルギーがある人も使えません
肌質に不安がある人は、必ずパッチテストをしてから使うようにしましょう、

肌質に問題がない人も、アルコール入りの豆乳ローションを塗ったあとは乾燥しやすくなります。
豆乳ローションは保湿剤ではなく、角質除去作用もあります。
ですから豆乳ローションを塗ってお手入れした後は、乳液などで保湿しましょう。
ただし尿素入りクリームとは相性が悪いので、一緒に使う化粧品に含まれている成分にも気を配って選びましょう。

以上のことに気を付ければ、手作り豆乳ローションでも安心して使えます。

安心して使いたいなら迷わずパイナップル豆乳ローション

いざ肌に問題が起きてからでは遅いです。少しでも手作りローションに不安がある方は無理して作らずに製品を購入する事です。適当な作り方をしてしまい後に問題になって病院に行くはめになったら費用がかかってくるので製品を購入するより出費がかさんでしまいます。パイナップル豆乳ローションは累計225万個以上売れて実績もある安心安全の絶対的な商品ですので豆乳ローションを購入するならこちらをオススメします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑