豆乳ローションの効果はイソフラボンが鍵

公開日: 

033

お肌がすべすべになる、ムダ毛が薄くなると話題の豆乳ローションですが、いったいなぜ美肌に効果があると言われているのかが不思議です。調べてみると、豆乳に含まれているイソフラボンという成分が鍵でした

豆乳ローションの効果はイソフラボンが鍵

イソフラボンはフラボノイドの一種で、大豆に多く含まれています。
女性ホルモンの一種であるエストロゲンのような働きをすることで、話題になりました。
体毛が濃くなるのは男性ホルモンのいたずらであることが多いのですが、女性ホルモンがバランスよくあるとその動きが抑制されます。
つまり、エストロゲンのおかげで体毛が薄く、女性らしい肌を保つことができるんです。

イソフラボンはそのエストロゲンとそっくりなので、同じように抑毛効果があるとされています。ですから抑毛ローションの中に豆乳イソフラボンを配合するのです。さらに豆乳にはサポニンが含まれています。
サポニンは古い角質を除去するなど天然の石鹸のようなものなので、ザラザラしていた肌も滑らかになります。角質が詰まっていた毛穴がすっきりすると、抑毛成分が吸収しやすくなりますね。

継続して使う事が大事

ただし、勘違いしがちなのが脱毛効果についてです。

イソフラボンには抑毛効果があっても、脱毛する力まではありません。ワックス脱毛など別のムダ毛処理方法と組み合わせて、毛が再生しにくくするようにするのがいいですね。それにイソフラボン成分が薄いローションだと、それだけ効果は弱くなります。1日2日で効果が出るものではないので、まずは数ヶ月根気強く試してみるのが大切ですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑